トップ > 洋服のお悩みは?マルイのインクルーシブな商品開発座談会
2020.03.6

洋服のお悩みは?マルイのインクルーシブな商品開発座談会

Photo by 難波由香
INDEX
目次

障害のある人、ご高齢の人など、生活やファッションに不自由や不便を感じている人たちにも寄り添いながら「インクルーシブな商品開発」を目指すマルイ。

まずはもっと多くのお客さまの声に耳を傾けよう!ということで、2019年11月、みんなが嬉しいファッションアイテムってなんだろう?を考える座談会を開催しました。開催までの経緯は、こちらの記事をご覧ください。

PROFILE
話す人

岸田 ひろ実(車いすユーザー)
岸田 ひろ実(車いすユーザー)

講師。知的障害のある長男の子育て、夫の突然死、自身の下半身麻痺という人生の3つの転機から学んだことを伝える。高齢者や障害者への向き合い方「ユニバーサルマナー」の研修講師としても活躍。厚労省、国交省など省庁の検討委員を務める。


PROFILE
話す人

茨木 喜美子(シニアモデル)
茨木 喜美子(シニアモデル)

シニアモデル、オフィスキタムラ所属。フジテレビ「医龍4」、テレビ朝日「ドクターX」、日本テレビ「世界一受けたい授業」などのテレビ番組、やコマーシャルなどに多数出演。特技は通訳とドッグトレーニング。


PROFILE
話す人

田畑 あかね(子育てママ)
田畑 あかね(子育てママ)

株式会社アトリエダブルアール代表、Voicy母親アップデートラジオパーソナリティ。専門はWEBマーケティング、イベントMC。客室乗務員、社長秘書、メディア制作など多数の経験を持つ。現在、4歳になる長男の子育て中。


PROFILE
話す人

たなべ さおり(スタイリスト)
たなべ さおり(スタイリスト)

フリーのスタイリスト・ウェブライター。小学館「CamCam」読者モデルとしても活動、同誌にてアシスタントを務めた後、スタイリストとして独立。ファッション企画の立案ほか、Youtubeなどでも活躍。


今回の座談会では、株式会社丸井専門店事業部商品課に所属する手島香織さんから、参加者への質問の投げかけや商品の解説を行ってもらいます。

手島さん
手島さん
本日はお集まりいただき、ありがとうございます。よろしくお願いします。
岸田
岸田
ファッションが大好きなので、とても楽しみにしてきました。いつも神戸の三宮あたりで服を買うのですが、ごちゃごちゃした人ごみの中を歩いていても、マルイに入るといつも謎の安心感があります。(笑) リーズナブルだけど、しっかりとした作りの服が多い印象です。
たなべさん
たなべさん
私も岸田さんと同じく関西出身ですが、親しみがあるのはなんばのマルイです!友人との待ち合わせ場所は、だいたいなんばのマルイで。一階の化粧品コーナーをぐるぐるしながら時間を潰すのが定番でした!懐かしい!
私は子連れショッピングデビューをしたのが、海老名のマルイでした!授乳室やベビーベッドがあって、映画館など子どもが遊ぶ場所もあるし、行きつけです。エポスカードに入会した時、子供服をこれでもかと言うほどたくさん買いました。(笑)
田畑さん
「海老名のマルイ、良いですよね。私も家に帰る途中にあるので、よく行きました。食堂がオススメですよ!」
茨木さん
手島さん
手島さん
わあ!皆さん、マルイをご利用いただいていて、本当に嬉しいです。ありがとうございます!」

体型によって、着たい服の丈が違う!服のお悩みあれこれ

手島さん
手島さん
早速ですが、服についてのお悩みを教えてください!本当は着たいと思ってるけど着られない、我慢している……というアイテムはありますか?
岸田
岸田
ロング丈の服、全般ですね。ロングコート、ロングカーディガン、ロングスカートとか……。ずっと車いすに座っているので、ロング丈は巻き込んでクシャクシャになっちゃうし、車いすからタクシーに移乗することも多いので、スカートの裾を踏んでしまうと結構大変なんです。袖が車いすのタイヤで汚れてしまわないかも心配で。
たなべさん
たなべさん
それは確かに気になりますね……!言われないとわかりませんでした。
岸田
岸田
でもロング丈を着こなしてる人って、かっこいいじゃないですか。残念ながら、歩いている人が着てかっこいい服が、座っている人が着てもかっこいい服、とはならないんですよね。ああ……ロング丈、憧れます。
ロングに限らないけど、丈感は私もものすごーく気にします。私は今78歳なんですが、年を取ってくると、背中が曲がって背が縮んでくるので、パンツの裾が床についちゃうんです。じゃあ小さいサイズを買えば良いかと言うと、そうでもなくて。ウエストは太くなっていくから(笑)、私の友人もそうですけど、ウエストに合わせてLサイズを買って、丈だけ詰めることが多いみたいです。
茨木さん
岸田
岸田
茨木さんと私の母が同じ年齢ですが、母も服を選ぶ基準が茨木さんと一緒です。母は裾直しも面倒だから、デザインも機能性もこだわらず、丈だけでパンツを選んでました。
トップスも大変なんですよ。丸くなる背中にあわせて、後ろが長くて、前が短いものを選ばないと、背中が丸出しになっちゃいますから。そういうデザインはどうしてもかっこ悪いものが多いので、私は自分でミシンを使ってお直ししています。
茨木さん
私は身長が173cmあって、昔から背が大きいのがコンプレックスなんです。何を着ても丈が足りなくて。目立っちゃうのが嫌だから、服を選ぶのは苦手です。パンツは特に苦手で……何を履けば良いかわからないんです。(笑)
田畑さん
岸田
岸田
えっ、田畑さん、すごくオシャレに見えますよ。今日着ているお洋服も似合ってます。
ありがとうございます!あまりにも私のファッションセンスがひどかったので、今日の服は全部パーソナルコーディネーターの人に選んでもらったんです。でも、選んでもらう服は見た目が似合ってるかを重視されるので、着心地や機能性が良いとは限りませんね……。似合って、オシャレで、しかも着心地も良くて便利な服があれば良いなと思います。
田畑さん
岸田
岸田
田畑さんのように4歳の息子さんを育てられていると、余計に機能性は大切ですよね。
そうなんです!子どもと一緒にいると意図せぬことで服が汚れてしまうので、汚れにくいか、洗いやすいかは重要ですし。朝は自転車に乗ったり、走ったりもするので、生地にストレッチが効いてるものの方が良いなと思います。
田畑さん
岸田
岸田
私も、車いすに乗っていると袖口や膝の上が汚れやすいので、絶対に自宅で洗える素材の服だけ買います!汚れが目立たないように、黒やネイビーの色ばかり選びがちですが。
たなべさん
たなべさん
ストレッチが効いてる服、私も選びます。スタイリストとして他の人に着てもらう場合、色んな体型のことを想定しないといけないので。ファッション誌に出る8等身のモデル体型の人もいれば、ニュースのお天気番組に出る一般人に近い体型の人もいるから、同じ服ではサイズ感が合わないんですよね。腰回りや膝周りの張り方も人によって全然違うから、スタイリングの時はストレッチが効いて伸びる素材の服を選ぶようにしています。
私も、介護が必要な友人の服を選ぶ時は、よく伸びる生地を選んでました。でも、伸びるだけだと、脱ぎ着させてる間に首周りがダルダルになっちゃうから、丈夫でストレッチが効いてるけど生地がボロボロにならないっていうのも重要ですね。
茨木さん
たなべさん
たなべさん
あとは、ものすごく個人的なことですが、最近食べすぎてしまって、ローライズのパンツだとお腹がポヨッとパンツに乗っかってしまうことですね。(笑) 最近はハイウエストが流行っているので、ありがたいです。お腹周りを隠してくれるので。
すごくわかります……!友達のお家にお邪魔した時、ローライズのパンツを履いたまま座ると、背中が見えてしまいません?お腹周りもキツイし。
田畑さん
岸田
岸田
一時期、ローライズのパンツってすごく流行ったんですよね。私も今は絶対にハイウエストを選びます。車いすに乗っていると、摩擦でパンツがどんどん下がってきてしまうけど、感覚が無いからそのまま背中が丸出しになっちゃったりして。ハイウエストが流行ってくれて良かった!
そうですよね。体型がカバーできて、オシャレっていうのは永遠のテーマだと思います。
田畑さん
手島さん
手島さん
きれいに見えて、体型のお悩みを隠せるような服を、皆さん求められているんですね。

試着したいけど、ゆっくり試着できない!

手島さん
手島さん
皆さん、それぞれお悩みは違いますが、共通していることもありそうですね。やっぱり困ることが多いのは、体型によるお悩みですか?
そうですね。服を見に行くのは好きなんですが、あれこれ悩みながら、探して歩き回ると疲れてしまうので、通販で買うことも多いですね。本当は試着できたら良いと思うんですけど。
茨木さん
手島さん
手島さん
やはり、体型にぴったり合う服を探すには、試着も大切ですよね。
試着、本当は丁寧にしてみたいんです。特にパンツは。しゃがむとどうなるか、歩くとどうなるか、とか。でもなかなか自分に合うのが無いので、疲れてきちゃうんですよね。そして妥協して決めて、似合わない、着心地が悪い、という負のループに……。
田畑さん
岸田
岸田
子どもがいると、じっとしてないから余計に大変ですよね。私も娘が小さかった頃は、一緒に試着室に入って、いつ娘が内側からカーテンを開けるかとヒヤヒヤしてました。
ああ、もうその通りです。(笑) 子どもがベビーカーで寝てるけど、ベビーカーごと試着室に入れなくて、どうしようとか……。常連のお店だと、たまに店員さんが子どもを見てくれるんですが、やっぱり申し訳なくて。
田畑さん
岸田
岸田
私は足が動かなくて、外で試着ができないのが憂鬱です。良いなと思って服を購入して、家で着てみたら全然イメージと違って、落ち込むのを何十回繰り返してきたか……。
たなべさん
たなべさん
岸田さんが試着できない時は、服の上からあわせてみるんですか?
岸田
岸田
神戸に10年くらい通っているお店があるんですが、そこは車いすで試着室には入れないけど、私と体型がほぼ同じ店員さんがいらっしゃって。彼女がいつも、私の代わりに着て見せてくれるんです!
たなべさん
たなべさん
わっ!それは嬉しいですね。
岸田
岸田
はい。実際にしゃがんだり座ったり試して「ここが汚れやすいかも」と言ってくれるんです。とてもありがたいですが、やっぱり家族とか友人とか、気を遣わない人に率直に意見を言ってもらいたい時もあるじゃないですか?(笑) そういう時は、一緒に入れる試着室があれば良いなと思います。
手島さん
手島さん
実は、有楽町マルイに『みんなのフィッティングルーム』という試着室があるんです。車いすやベビーカーで入れるくらい広くて、横になれるベッドソファ、筆談ボード、呼び出しベルなどもあるので、お手伝いが必要な方も安心してご利用いただけます。皆さんのお話を聞いていて、こういう試着室がもっと増えれば良いな……と思いました。
岸田
岸田
これは本当にすばらしい取り組みですよね!お子さま連れにもありがたい。
ゆっくり試着できて、しかも、なんでも相談できるアドバイザーの人もいると嬉しいです。ちょっと贅沢かもしれないですが。(笑) 本当に似合うかどうかが、自分では判断ができないのが辛いです。
田畑さん
試着って急かされちゃいますからね。買わないと申し訳なくなっちゃうし。サロン風でゆっくりできて、時にはお茶でも飲みながら気軽に話せると、すごく嬉しいかも。
茨木さん
岸田
岸田
商品そのものだけじゃなくて、ゆっくり選べる環境とか、相談できる店員さんとか、そういうところも服選びでは大切になってくるんじゃないかなと思います。特に、多様なニーズのあるお客さまに対しては。
手島さん
手島さん
そうですね。環境づくりや接客サービスの向上に、今後も取り組んでいきたいと思います。

パンツは、片手で開けやすいボタンが嬉しい

手島さん
手島さん
パンツのお話が何回も出てきましたが、私たちも今、インクルーシブな商品開発で力を入れているのがパンツなんです。“ストレッチが効いている”・“丈感がちょうど良い”以外に、パンツへ求めることはありますか?
気になるのはやっぱりウエストですね。ゴムが入ってると楽なんだけど、ウエストが全部ゴムってかっこ悪く見えません?
茨木さん
たなべさん
たなべさん
見えます、見えます。目立たないように後ろだけとか、ベルトループがついていてゴムが隠れるパンツだと良いですね。
岸田
岸田
私の息子は、ダウン症で低緊張があって、手が不器用なんです。本当は彼にもゴムのウエストのパンツを履かせた方が楽なんだけど、ゴムが目立つとかっこよくないから、外しやすいボタンのパンツをあえて選んで、息子とボタンを外す練習をしました。息子に限らず、手が不自由な人は同じ悩みがあるかもしれませんね。
手島さん
手島さん
手が不自由な人は、どんなボタンが外しやすいんでしょうか?
岸田
岸田
ボタンも通す穴も小さすぎず、穴がよく伸びる素材だと外しやすいです。カギホックも簡単で良いですね!たまに力を入れないと閉じないものもあって、それは大変だけど……。
私にも手が不自由な友人がいて、同じことを言ってました。ボタンに厚みがあると掴みやすいみたいです。年寄りになるとトイレも近くなるから、個室に入った時にボタンが外しづらいと、もう死活問題です。友人も私も、カギホックの方が外しやすいですね。
茨木さん
でも、カギホックってちょっと心もとなさもありますよね。ホックにだけ負荷がかかって、取れてしまいそうで。
田畑さん
たなべさん
たなべさん
「私が今日履いてるパンツは、先にカギホックを止めて、最後にボタンも止める仕様です!これだとホックに負荷がかかりすぎず、取れないですよ。
岸田
岸田
あっ、私が履いてるパンツもそうです!これって人によっては、ボタンかホックか、どっちかだけ止める人もいるそうですよ。(笑)
手島さん
手島さん
総ゴムの方が履きやすいけど、オシャレの観点だとやっぱりボタンかカギホックがあった方が良いですか?
たなべさん
たなべさん
うーん、ボタンがあった方が見栄えは良いと思います。見た目も良くて、外しやすいって、なかなか難しいとは思うんですが。
私の場合、ゴムのウエストばっかり履いてると、ついラクチンで食べすぎて太ってしまうので、あった方が嬉しいです。(笑)
田畑さん
岸田
岸田
そうですね、仕事やお出かけで履く時ならなおさら、デザイン的にもあった方が良いと思います。でも『ちょっとゆるめのスキニーパンツ』のボタンはかなり外しやすいですよ。
あ、本当だ。ボタン穴が広がりやすいから、片手で外せますね。急いでる時とか、片手でできるのは本当にありがたいです。朝なんて、保育園に間に合うかどうかのギリギリの状態なので。
田畑さん
たなべさん
たなべさん
外しやすいですね!お手洗いで、たまに荷物が置けない個室があるじゃないですか?そういう時、スマホ持ったまま脱ぎやすくて便利そう。
年を取ると指が動かしづらくなってくるんですが、これは掴みやすいと思います。
茨木さん
手島さん
手島さん
ありがとうございます。発売してからも、指が動かしづらいお客さまからは外しづらいというお声もいただいています。これで終わりではなく、まだまだ改善する点はあると思っているので、さらに“ぬぎはきしやすく”へ改良していきたいと思っています。
岸田
岸田
ちょっと手が不自由な人だったら、これでじゅうぶん開けやすいと思いますが、細かい手の動きができない人のために、ゴムのウエストのパンツも選べたら良いかもしれませんね。
手島さん
手島さん
ウエストゴムでもきれいに見えるパンツも、もっと充実させていきたいと考えています。
とりあえずボタンのパンツを買ってしまって、あとはお直しでもなんとかなりそうだな、と思いました。
茨木さん

汚れやすいから、汚れない&洗える工夫を希望

たなべさんからお手洗いの話がありましたが、私はお手洗いの時にパンツの裾が床につくのが本当にイヤで、ワイドパンツを履けずにいます……。
田畑さん
たなべさん
たなべさん
すごくわかります。清掃したてで床が濡れてる時なんて、もうどうしようかと思います。
裾を一生懸命たくし上げたり、ずっと持ってたり、奮闘してるんですが、やっぱりストレスがありますよね?
田畑さん
私なんてお手洗いに行く回数が多いから、すごく困ります。脱ぐのにもたもたしてる間に間に合わない……なんて人もいるんじゃないかな。
茨木さん
岸田
岸田
そうか、歩いている人だとそれが困るんですね。
手島さん
手島さん
昨年9月に「アールユー」の商品で、パンツの裏地にゴムがついていて、裾が下がらないというものを発売しました。実験的に出してみた商品です。
そんな商品があったんですね!そうか、裏地で止まれば良いのか……!
田畑さん
たなべさん
たなべさん
ワイドパンツ、扱いが大変かもしれないけど、キレイに見えるから良いですよね。お仕事でも使いやすそう。
センタープレスのワイドパンツ、一度履いてみたいんですよね。裾の汚れやシワにならないかが気になって、なかなか手を出せずにいます。
田畑さん
岸田
岸田
シワ、私もすごく気にします。ずっと座っていると、膝のシワがめちゃくちゃ目立つので。夏はリネン素材のパンツがかわいいなと思うけど、シワになるから履けませんね……。
ああ!私も子どもが膝に座るから、膝のシワが気になります。
田畑さん
たなべさん
たなべさん
私もです。せっかく頑張ってアイロンかけて外出しても、カフェでちょっと座って立ち上がったら、すぐシワになっちゃってショックで。パンツを買う前に、店員さんが履いてるパンツをじーっと見て、シワになってないかを確認してから買います。(笑)
岸田
岸田
履いててもシワにならず、汚れて洗ってもシワにならず……そんな夢のような素材があれば嬉しいですね。マルイさんの商品くらいリーズナブルだったら、色違いで何本も買い揃えちゃうと思います。
手島さん
手島さん
汚れにくい、シワにならないというのは、皆さんが共通して叶えてほしいことなんですね。

このあと、服だけではなく、靴についてもお悩みをお聞きしました。サイズやぬぎはきのしやすさ、コーディネートなど、たくさんのお悩みがあることがわかったので、靴の開発も進めていく予定です。

車いすユーザー、シニアモデル、子育てママ、スタイリストの皆さんが一同に介した座談会。オシャレが好きだけど、お悩みも多いという皆さんは、まだまだ語り足りない様子でしたが、得られた気づきやアイデアは、マルイのインクルーシブな商品開発にきっと活かされることと思います。

「こんな商品がほしかった!」「こんな服の悩みを聞いてほしい!」など、記事を読んだ皆さんも、ぜひこの記事をシェアして、お声を寄せてください。

WRITER
執筆・編集
岸田奈美
1991年生まれ、神戸市出身。下半身麻痺で車いすユーザーの母(ひろ実)と、生まれつきダウン症で知的障害のある弟(良太)と暮らす。亡き父の才能をくまなく受け継ぎ、自分が愛するものに関して、100文字で伝わることを2000文字で伝える。

RELATED

関連記事


POPULAR

人気記事

スロウプとは

これまで届きづらかった“多様な思い”を、多くの人に届けるWEBメディアです。
段差を解消するスロウプに、色んな素材や形があるように。
私たちは、人によって、思いによって、切り口を柔軟に変えて、ミライへと伝えていきます。
昨日よりも今日、今日よりも明日、一つでも多くの視点が、社会に生まれますように。