トップ > 車いすユーザーの視点を取り入れた商品が進化! マルイの「ラクチンきれいパンツ」と「velikokoラクチンきれいシューズ」
2020.03.6

車いすユーザーの視点を取り入れた商品が進化! マルイの「ラクチンきれいパンツ」と「velikokoラクチンきれいシューズ」

COMMENTATOR
解説

手島 香織(てしま かおり)さん
手島 香織(てしま かおり)さん

株式会社丸井 専門店事業部商品課に所属。この記事では、着やすい・履きやすいアパレル商品を解説。


INTERVIEWER
聞く人

岸田 ひろ実(きしだ ひろみ)
岸田 ひろ実(きしだ ひろみ)

株式会社ミライロ講師、日本ユニバーサルマナー協会理事。車いすに乗る当事者の視点から、高齢者や障害者への向き合い方の研修を実施。ファッションが好きで、丸井の商品開発に協力。


マルイと言えば、「OIOI」のロゴが目立つファッションビルをイメージする人も多いはず。

しかし、おしゃれと履き心地を両立させて大ヒットした「velikokoラクチンきれいシューズ」など、日常で取り入れやすいオリジナル商品も展開しています。

マルイのプライベートブランド「velikoko」や「アールユー」では、幅広いサイズ展開と履き心地、オシャレな見た目にこだわった「『ラクチン』シリーズ」商品が人気。

これらの商品誕生の背景には共創という、お客さまと一緒に考え、お客さまと一緒に作る、マルイのこだわりがありました。

例えば、「なかなか足に合うサイズの靴が見つからない」というお客さまの声を取り入れ、「velikokoラクチンきれいシューズ」では19.5cm〜27.0cmものサイズを用意。靴だけではなく、ボトムスであるラクチンきれいパンツも、他のアパレルブランドではなかなか見かけないXXS〜7Lまで12サイズでの展開です。

 

マルイの共創は、商品開発だけに留まりません。

2017年冬には、性別にとらわれず、自分の体型にあったスーツが選べるオーダースーツの体験イベントを、店舗にて開催しました。このイベントはLGBTの就活生を応援するもので、スーツにお悩みがあるトランスジェンダーのお客さまに、普段なかなかできないサイズやデザインについて店員と相談しながら、スーツを選んでいただくことができました。

 

もっともっと多くのお客さんのお悩みに寄り添いたい!という思いのもと、車いすユーザーの視点を取り入れた「ちょっとゆるめのスキニーパンツ【ぬぎはきラクチン】(以下、ちょっとゆるめのスキニーパンツ)」も登場!

ミライロの講師・岸田ひろ実も、商品開発に携わっています。

車いすユーザーも履きやすいポイントとして、「ファスナー」と「ウエストゴム」の工夫が取り入れられています。

ファスナーを長くし、ウエストの開きを大きくすることで、脱ぎ履きがしやすいデザインに。正面からパンツを見た時、実際のファスナーよりも短く見えるデザインも、嬉しい配慮です。

そして、ウエストの後ろ部分はゴムに。座っている時にらくちんなだけではなく、スルッと脱げて着替えもストレスフリーに。

 

※「ちょっとゆるめのスキニーパンツ」の誕生秘話については、過去の記事をご覧ください。

車いすユーザーの岸田ひろ実が、着やすい・履きやすい商品をオススメ!

ここで「ちょっとゆるめのスキニーパンツ」の他に、共創の意識から生まれた商品をいくつか紹介します。

株式会社丸井 専門店事業部商品課の手島香織さんに、岸田ひろ実がお話を伺いました。

ぬぎはきラクチンパンツの仲間が増えました。こちらは、「ルーズフィットストレートパンツ」です。ワイドとストレートのいいとこどりで、スッキリ見えするので、ワイドが苦手だった人にもおすすめです。
手島さん
岸田
岸田
わあ!良いですね。車いすに乗っている期間が長いと、足が痩せすぎてしまうのがコンプレックスなのですが、この形はちょうど良くキレイに見せてくれそうです。ワイドを履く勇気がなかったので、初めての挑戦にぴったりですね
こちらは、好評の「ちょっとゆるめのスキニーパンツ」から春夏バージョンが発売されます。程よいゆとりで脚のラインが出すぎないのがポイントです。
手島さん
岸田
岸田
私は秋冬バージョンの黒をよく着用させてもらいました。着る場所やシーンを選ばず、使いやすいので、汗でべたつく暑い季節にも、心地よく履けるのは嬉しいですね!

新シルエット&デニム登場!UDパンツの全ラインアップはこちらからご覧いただけます!

 

洋服だけではなく、靴も紹介してもらいました。

 

こちらは、「ゆったり幅もある2wayパンプス(3cmヒール)」です。毎日履きたいやわらかい履き心地。リボンが取り外し可能なのでシンプルにも使えます。低反発+高反発のWクッション中敷きに加え、モールドソールを採用することで、足の裏の衝撃を吸収してくれて疲れにくいのがポイントです。
手島さん
岸田
岸田
ヒールが車いすのフットレストに引っかかるので、フラットパンプスは便利なんです!しかも、私はリボンが大好きなので、このデザインはすごくお気に入りです。足がむくみやすく、夕方になると足のサイズが大きくなるので、やわらかい素材も嬉しいです。
こちらは、「インヒールスリッポン」です。スムース調素材がきちんとした印象。深めのデザインが足をしっかり支えてくれるので、歩きやすく、脱ぎ履きもラクにできます。安定感はあるけれど、足をすっきり見せてくれるインヒール入りです。
手島さん
岸田
岸田
靴紐を結ばずにサッと履けるのが良いですね。かがんだりすることが難しい人にとっても、便利です。小さなお子様がいるママさんにも、子どもから目や手を離さずに履けるから人気と聞きました。

 

今、ご紹介した商品はすべて商品ページのリンクからご購入いただけます。どれも履きやすさにこだわった商品なので、ぜひ一度、マルイの店頭でも試してみてくださいね。

 

インクルーシブな商品開発を、もっと加速させるために

岸田
岸田
以前は「ちょっとゆるめのスキニーパンツ」だけをご紹介しましたが、障害のある人やご高齢の人を含む、多くのお客さまから喜ばれそうな商品がたくさんありますね。マルイさんが根気強く、車いすユーザーの方や、多様なお客さまのお声に耳を傾け、開発を続けられてきた成果だと思います。私も嬉しいです。
せっかくこういう商品ができたので、もっともっと多くのお客さまのニーズにおこたえする改善をしていきたいと思っています。
手島さん
岸田
岸田
わあ。例えば、どんなところを改善したいと思われているんですか?
そうですね……。「ちょっとゆるめのスキニーパンツ」では、ファスナーと後ろゴムの工夫を取り入れましたが、もっとできることはあると思っています。ボタンの形状とか、パンツそのもののデザインのバリエーションを増やすとか。
手島さん
岸田
岸田
すごい!ストイックですね。そんな風に努力を続けてくれるマルイさんが、本当に頼もしいです。
でもあまり工夫を沢山しすぎても、それが履きやすいというわけじゃないので、どんな工夫が本当に喜ばれるのかを、お客さまに聞いていかなければと思っています。
手島さん
岸田
岸田
そうですね。良かれと思ってファスナーをつけすぎてジャラジャラ邪魔になったり、ウエストをすべてゴムにして見た目が悪くなったり……という残念な状況にもなりかねないから……。

ああ、耳が痛いです。(笑)
手島さん

※マルイさんは、「ちょっとゆるめのスキニーパンツ」の開発段階で、ファスナーをつけすぎてお客さまから不評だったサンプルを作ったことがあるそうです。
岸田
岸田
それでは、これからも様々なニーズのあるお客さまの声を取り入れて、誰もが脱ぎ着しやすい服を進化させていくんですね?

そうしたいと思っています!あと、パンツだけに限らず、洋服や靴など、他のアイテムにも多様なお客さまの声をもっと取り入れて、インクルーシブな商品開発をしていきたいです。
手島さん
岸田
岸田
インクルーシブな商品開発ですか!素敵な言葉ですね。

 

障害のある人、ご高齢の人など、生活やファッションに不自由や不便を感じている人たちにも寄り添いながら「インクルーシブな商品開発」を目指すマルイ。

まずはお客さまの声に寄り添おう!ということで、2019年11月、みんなが嬉しいファッションのアイテムってなんだろう?を考える座談会を開催しました。

座談会の様子はこちらをご覧ください。

WRITER
執筆・編集
岸田奈美
1991年生まれ、神戸市出身。下半身麻痺で車いすユーザーの母(ひろ実)と、生まれつきダウン症で知的障害のある弟(良太)と暮らす。亡き父の才能をくまなく受け継ぎ、自分が愛するものに関して、100文字で伝わることを2000文字で伝える。

RELATED

関連記事


POPULAR

人気記事

スロウプとは

これまで届きづらかった“多様な思い”を、多くの人に届けるWEBメディアです。
段差を解消するスロウプに、色んな素材や形があるように。
私たちは、人によって、思いによって、切り口を柔軟に変えて、ミライへと伝えていきます。
昨日よりも今日、今日よりも明日、一つでも多くの視点が、社会に生まれますように。